STRUCTURE

築き上げてきた住まいの安心を、ご家族の新しい暮らしに。

これまで築き上げてきた信頼と実績。そこには、地域の皆様の暮らしを守り抜く決意と、確かな技術に裏づけられたクオリティがあります。

綿密な地盤調査に始まり、住宅性能評価基準に適合した耐震・耐火・耐久性。そして、自由設計で培った表現豊かな空間デザイン性。

私たち三都住建が信条とする「ご家族に永く愛される住まいづくり」を、ぜひ「ソレイユヴィラあやめ池」でもお確かめください。

日々の安全・安心をさらに高める、確かな構造。

Construction method

工法

選べる建築工法4タイプ
在来工法

在来工法

木造軸組工法とも呼ばれ、木材の柱と梁、筋交いによって骨組みをつくる日本の伝統的な工法。開口部も多くとれ、設計の融通性が高いのが特長です。
2×4工法(オプション)

2×4工法

断面寸法が2×4インチの木材を使い、天井、壁、床の6面で支える工法。枠組壁工法とも呼ばれています。工期が短く、木の風合いも感じられます。
鉄骨工法(オプション)

鉄骨工法

主要驅体に鉄骨を使用し、パネル方式、軸組方式などで構成する工法。軸組方式は、柱と梁が構造の中心となり、設計自由度が高いのが特長です。
SE構法(オプション)

SE構法

構造計算を取り入れた設計のもと、高精度集成材とオリジナルSE金物を採用することで、木造建築ながら圧倒的な強度を誇る工法で、大開口や高天井など、多彩で自由な空間創りを可能にします。

Foundation

基礎

住まいの安心と快適を実践する基礎工法
スラブ一体型基礎(ベタ基礎)

スラブ一体型基礎

基礎が一体の鉄筋コンクリート耐圧板になっており、地震時にも全体で荷重を受ける構造のため、耐震性に優れます。また、荷重を平均に地面に伝えるので部分的な沈下を防ぎます。
基礎パッキン工法

基礎パッキン工法

基礎と土台の間にすき間を開けて床下の換気を促す基礎パッキンを採用。建物の周囲にわたって通気孔ができることになり、全体的に風が通るので、基礎を欠きこんで換気口を設ける場合に比べ、通気量が多くなるといわれています。

Earthquake resistance・Fireproof

制震・耐火

「ソレイユ」シリーズは、国が定めた住宅性能表示制度の最高ランク「耐震等級3相当」が標準仕様。
省令準耐火構造の住まいなので火災保険の構造区分で耐火建築物や準耐火建築物と同等の区分となり、
保険料が大幅に安くなります。
  • 性能表示等級
    性能等級の概要
  • 等級3
    建築基準法1.5倍の建物強さ
    数百年に一度発生する地震力の1.50倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度。
  • 等級2
    建築基準法1.25倍の建物強さ
    数百年に一度発生する地震力の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度。
  • 等級1
    建築基準法レベルの建物強さ
    数百年に一度発生する地震力に対して倒壊・崩壊しない程度。
省令準耐火構造
省令準耐火構造とは、建築基準法上の防火性能区分の一つで、火災に対する安全性能を規定化したものです。ソレイユシリーズは、2×4工法だけでなく在来工法でも防火構造に適合した外壁仕様によって作られた省令準耐火構造建物です。もらい火を防ぐとともに、内部出火の火災にも備えています。また、火災保険の構造区分で耐火建築物や準耐火建築物と同等の区分となり、保険料が大幅に安くなります。
木造筋かい用接合金物「ブレスターZ600」

木造筋かい用接合金物「ブレスターZ600」

大地震時に建物が変形すると、特長的なスリットの働きで、筋かいの破損やビス抜けを防ぎ、複数回の揺れに粘り強く耐えます。
補強金物

補強金物

建築物の構造躯体を接合金物で基礎にしっかり固定することで、地震や台風などにも強度を発揮します。
制震ダンパー(オプション)

制震ダンパー

建物が地震時に受ける振動エネルギーを吸収し、熱エネルギーに変換して発散することで被害を軽減します。
木造耐火構造建物(オプション)
耐火性能を増すため下地材・不燃材を3~4倍使用する構造です。断熱性能に優れ、冬は暖かく夏は涼しい冷暖房効果を発揮します。

Safety

安心・安全への取り組み

快適な暮らしのため、きめ細やかな配慮と安心感をご提供しています。
10年保証住宅

10年保証住宅

第三者機関である住宅保証機構、住宅地盤保証協同組合により、法定の新築住宅、地盤の10年保証を保険でバックアップします。
ホルムアルデヒド対策
構造材・フローリング・建具には、ホルムアルデヒドなどのVOC放散量が少ない日本農林規格(JAS)、日本工業規格(JIS)で最高等級のF☆☆☆☆を採用。
バリアフリー設計
家庭内での床段差による転倒事故を防ぐため、廊下と各居室や水廻りとの間の床段差を可能な限り減らしたフルフラットを採用。

※構造上段差のある場合があります。

※上記は当社施工例およびイラストです。掲載の情報は平成28年7月現在のものです。内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。